×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビの出来る原因

どんなに注意して肌の手入れをしていても、色々な原因でニキビは発生します。
女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモン物質がありますが、これらが生理の周期によって変化することが原因になって、女性の「生理前ニキビ」が発生すると考えられています。
お産や妊娠などでは重要な役割を果たすプロゲステロンですが、この物質は皮膚表面にある角質を厚くし皮脂を多く出す効果を促す性質があります。
排卵から次の生理までの期間は、プロゲステロンが多くなることが原因でニキビが出来ます。
そのほかにもニキビの出来る原因があります。
生活環境において日々のストレス・食品添加物に含まれる有害物質・お酒・喫煙などの刺激物が要因で解毒作用が弱まることです。
体内の解毒能力が落ちることによって皮膚についた菌への抵抗力が弱くなり、ビタミンが少なくなることで黄体ホルモンが壊れにくさを増します。
黄体ホルモンを壊す力が衰えることで、皮脂が過剰に増えやすくなるのです。
体内に毒素が溜まるとニキビが出やすくなるので、便秘もニキビの原因になります。
処理しきれない毒素が皮膚表面でニキビという形で出てくるのです。
解毒作用が下がる原因には、甘い食べ物をたくさん食べるような食生活も関係しています。
また、ニキビが悪化する原因には、紫外線によるアクネ菌があります。
この菌によって肌の保湿成分が衰えて調子が悪くなり、ニキビが出てくるのです。
規則正しい生活とストレスの解消がニキビの出来る原因を回避するには重要になると思います。

思春期のニキビ

年頃になると出てくる思春期ニキビですが、なぜこの頃にニキビが出るのでしょう。
思春期には女性でも男性ホルモン分泌が活発になり、より男性ホルモンの比率が高くなり皮脂腺が活発になります。
この皮脂腺の活発化によって一般的に思春期にニキビが出来やすくなると云われています。
12歳から17歳頃の思春期はそれまでと体の成長も変わり、女の子でも男性ホルモンが分泌されやすくなります。
男性ホルモンの分泌が盛んになると、男性ホルモンが毛穴の中の皮脂腺を刺激し、結果皮脂が過剰に分泌されます。
これが思春期ニキビになります。
本来、皮脂は潤いを与え皮膚を保護する物質ですが、分泌されすぎると毛穴の角質層を厚くする原因になります。
皮脂の過剰分泌によって狭くなった毛穴は目詰まりを起こしやすくなり、これが白ニキビの原因となります。
この白ニキビにニキビ菌がとりつくと毛嚢の部分が炎症を起こし、膿などもできて赤く腫れた赤ニキビになってしまいます。
思春期のニキビはその時だけのもので、成長するに従って治っていくものと考えられています。
ホルモンバランスの乱れは思春期の終わりに頃には元通りになるので、ニキビの大半はなくなります。
過剰な皮脂分泌は男性ホルモンの減少に伴って次第に落ち着いてくるので、思春期の終わり頃にはニキビも少なくなっていきます。
思春期にはお肌を清潔にし、10代から過度なお化粧をしないことも大切だと思われます。

ニキビの皮膚科治療

顔のあちこちにニキビが出るとそれだけで気になって、容姿に自信がなくなったり、人と会いたくなくなることもあります。
あまりにもニキビがひどくて気になるようならば、1人で悩み続けず専門家の判断を仰ぐことが一番です。
飲み薬や塗り薬を処方され、その人の状況に合った対応が期待できます。
イオウ系のローション・塗り薬・クリームは脱脂作用があり、外用薬として処方されることがあります。
また、皮脂の排泄を促すための薬剤なども出されます。
状態をみて処方になるので、安心です。
塗布薬の他に飲み薬もニキビ治療には用いられており、ビタミンB2やビタミンB6の内服薬が処方されます。
状況の変化に応じて必要な処方もその都度出してもらえるし、個別に見てもらえるので安心できます。
この頃増えてきているのが、美容内科で最先端のニキビ治療を受ける方法です。
治療方法には、上記の方法の他にもニキビ治療で美肌を目指す考え方の病院も増えています。
それらの病院ではピーリング、レチノイン酸、イオン導入が行われています。
ニキビを治すためにはやや高額なお金をかけても構わない人や、美肌を目指す人におすすめです。
しかし根本は、肌に余計な負担をかけず、ストレス・暴飲暴食や睡眠を取ることにより、過剰なケアをしないという逆の発想も見直されています。
自分自身に一番あった方法でニキビと向き合うことが大切だと思われます。

Copyright © 2007 ニキビ治療対策室